管理を簡単にできる納骨堂|遺骨を任せる寺院を見つける

遺品の取り扱いと業者利用

遺族に代わって故人の遺品を整理してくれるのが、遺品整理業者です。体力的にも精神的にも苦しい時には、専門の業者に依頼しましょう。遺品の整理だけでなく、部屋の清掃や不用品の処分も行ってもらえます。西宮の業者を利用すれば、出張費が高額となることはありません。

シンプルに納骨できる

線香

管理や掃除が必要ない

納骨堂は骨壺に遺骨を入れて、安置する施設のことを指します。基本的にお墓のように墓石があるわけではなく、ロッカーや仏壇といった形式の施設で保管されます。収納スペースが骨壺または、それに伴う遺品程度で、スペースは狭くなっていることから、料金が安いのが特徴です。複数の骨壺を纏めて保管する施設なので、管理がしやすく、掃除なども必要ないため人気があります。本来の納骨堂は墓地に埋葬する前の、一時的な遺骨の収蔵場所としての施設でしたが、島国の日本では土地が少なく墓地を広げるのも限界にあり、さらに永代供養に注目が集まったことから、便利な保管場所として利用されるようになっています。永代供養は一般的に、30〜50年という一定期間まで遺骨を預かり、その後は他の遺骨と共に合葬されることになります。お墓のように子供や孫へと継承する必要がないため、核家族化した現代では高い需要があります。納骨堂の種類は公営と民営、寺院の3つがあり、公営は費用が安く、民営は利用者が少ないので競争率が低い、寺院は希望の宗派で納骨できると、それぞれにメリットがあります。料金は納骨堂の立地や管理形式、収入スペースによって違いますが、都心ならおよそ50万円程度となっています。加えて年間管理料が1万円前後かかるのですが、単純に墓地を所有して子孫に管理してもらうよりシンプルで、無理に弔ってもらう必要がないという人に最適な方法となっています。